MENU

管理栄養士さんからのアドバイス

ビタミン・ミネラルは人体に必要不可欠

管理栄養士からのアドバイス

私たちが生きるために欠かせない栄養素でもっとも必要量が多いのは炭水化物、タンパク質、脂質です。これを「3大栄養素」とよび、さらにビタミン・ミネラルが加わり「5大栄養素」とよばれています。

ビタミン・ミネラルは体内で合成できないか合成されても必要量に足りないものが多く、食事から摂取する必要があります。3大栄養素をいくら十分にとっていても、ビタミン・ミネラルが不足しているとうまく代謝されずエネルギーとして利用できません。体内での組織の合成もうまく行われなくなってしまい、体にいろいろな不調が出てくるようになります。つまりビタミン・ミネラルがなければ人は生きていけないということにほかなりません

 

ビタミン・ミネラルの種類と機能

ビタミンは脂溶性ビタミンが4種類と水溶性ビタミンが9種類存在しています。エネルギー代謝や体の組織を作るためのサポートとして働いたり、それぞれ多様な働きをしています。水溶性ビタミンは多くとってもすぐに排泄されるため不足に注意が必要なビタミンで、毎日必要量を摂取することが大切です。一方、脂溶性ビタミンは体に蓄積されるので多く摂り過ぎると過剰症を起こすことがあります。
ミネラルは骨や歯などの構成成分になったり、体液の濃度を調節して恒常性を維持するなどの働きをしています。人での必須性が認められているものは全部で9種類あります。適量の幅が狭く、不足や過剰を起こしやすいものもあります。

 

すべて不足なくとることは難しいのが現状

ビタミン・ミネラルを過不足なくとるには、毎日栄養バランスの整った食事をとることが大切です。理想としては、「主食」「主菜」「副菜」の揃った一汁三菜の献立で、肉や炭水化物だけでなく野菜や果物などいろいろな食材をとりいれた食事がよいでしょう。
しかし、このような食事を朝昼晩欠かさずとることはなかなか難しいのが現状だと思います。たとえば時間がなくて朝食を抜いてしまったり、パンやおにぎりで簡単にすませてしまうという人も多いでしょう。昼食や夕食も、外食やコンビニ弁当などですます人も多いのではないでしょうか。体に良くないとわかってはいても、毎日栄養バランスのとれた食事をとるのはとても難しいことだと思います。ダイエットなどをしている人も食べている全体の量が少ないだけに栄養素が不足しがちです。必要であればサプリメントで補うことも大切です。

 

しっかり食事をとっていても栄養素が不足している場合も

近年、野菜や果物の栄養価が昔に比べて減ってきていることがわかっています。これは化学肥料や農薬などの使用により、農作物を栽培する土壌自体の栄養分が減少していることが一因となっているといわれています。栄養分の少ない土壌では、そこで育つ野菜や果物の栄養価も少なくなるということです。
また、栄養素によっては調理の過程で大きく損失してしまうものもあります。例えば水溶性ビタミンは水に溶ける性質のため、洗ったり茹でたりすると成分が溶け出ていきます。熱に弱いものもあり、炒め物や揚げ物などの調理でどんどん栄養素が失われてしまいます。

 

ビタミン・ミネラルはバランスよくとることが大切

カルシウムはビタミンDと一緒に摂ることで吸収を高めてくれます。葉酸とビタミンB12はともに働いてタンパク質やアミノ酸の代謝に関わっています。
このようにビタミン・ミネラルはお互いに作用しあって機能しています。そのため単独でとるよりもバランスよくまとめてとる方が体内で効率よく利用されます。
また、同じような機能をもつ栄養素は一緒にとった方がより効果を発揮してくれます。
例えば抗酸化作用の高いビタミンEは、同じように抗酸化作用のあるビタミンCやβ-カロテンと一緒にとると効果が高まります。

 

基本は食事から。でも必要であればサプリメントも活用しましょう

マルチビタミン&ミネラルのサプリメントは体に必要なビタミン・ミネラルなどの栄養素がバランス良く配合されています。普段忙しくて食生活をおろそかにしてしまいがちな人やダイエットなどをしている人も、不足しやすい栄養素を効率よくとることができます。
もちろん基本は食事から栄養を摂取することが望ましいですが、サプリメントを利用するのも現代を健康で生き抜くためのひとつの方法と言えそうです。

 

サプリメントはあくまでも食品です

サプリメントは食品と同じ分類となり、薬ではないため摂取したからといってすぐに効果が出るものではありません。あくまでも食事で不足する栄養素を補うためのものであり、サプリメントをとっているから食事を適当にすませていい、というものではないのです。
基本は毎日の食事から栄養を摂るように心がけましょう。自分の食生活を見直してどんな栄養素が足りていないのか確認してみることも大切です。そのうえで食事からとることが難しいと感じた場合にはサプリメントを利用すると良いでしょう。
マルチビタミン・ミネラルのサプリメントを利用することで栄養素をバランスよく補うことができます。

 

サプリメントをとるときの注意点

ビタミン・ミネラルには摂り過ぎると過剰症を起こすものがあります。
とくに脂溶性ビタミンのビタミンA、ビタミンK、ビタミンD、ビタミンEは摂り過ぎた分は肝臓などに蓄積してしまうので注意が必要です。
また、複数のサプリメントをとっている人は栄養素を重複してとっている場合があり、必要量をオーバーしてしまっていることがあります。パッケージに記載されている成分や含有量などの内容をよく確認して利用することが大切です。もしそれでも心配であれば専門家に相談することをお勧めします。薬を服用している人も事前に相談しましょう。